BLOG

ネコの手も借りたい情報設計
一匹目「SN比」

Fujii

ネコの手も借りたい情報設計<br> 一匹目「SN比」

こんばんは。キャットパッド藤井です。

今回から、実践で役に立つ設計キーワードをぼちぼち取り上げていこうと思います。記念すべき初回は「SN比」についてですが、その前にこのシリーズのルールを置いておきます。

「ネコの手も借りたい情報設計」シリーズのルール

実践の中からかき集めた分散的な情報設計メモを捻り出します。ゆくゆくは、○ライリーあたりから出版されたいです(表紙はハチワレサバトラ)。以下、ルールの詳細。

  1. 他分野からキーワードを引用し、情報設計用にカスタマイズします。よって、元々の言葉の意味から変質することがあります。
  2. 古くなったり、使わなくなったキーワードは、記事を消さずに残します。ただし、有効でないことを明記します。
  3. 冒頭の猫写真は本文とは関係ありません。猫の集客力を活用した賢いSEOです。なお、今回はインドネシアのボゴールにあるオープンカフェに居候している猫ちゃん(半野良)でした。

SN比とは「シグナルとノイズの比率」のこと

パクリ元は、通信工学あたりです。元々の意味を確認してみましょう。

SN比(エスエヌひ)は、情報工学(特に通信工学)において、信号量 (signal) と雑音量 (noise) の比である。
信号雑音比 (signal-noise ratio) または 信号対雑音比 (signal-to-noise ratio) の略。S/N比、SNR、S/Nとも略す。
desired signal to undesired signal ratio、D/U ratio ともいう。
SN比が高ければ伝送における雑音の影響が小さく、SN比が小さければ影響が大きい。SN比が大きいことをSN比がよい、小さいことを悪いとも言う。 (引用:wikipedia SN比

これを情報設計に置き換えると、Sとはつまり「シグナル」のことで、受け手にとって「意味のある情報」です。Nとはノイズのことで、主に「無駄な装飾」などを指すとします。つまりSN比を情報設計的に言い換えると、「ある画面において、伝えたい情報そのものが、全体要素のどれぐらいの割合を占めるか」という尺度になります。

ゴテゴテ・モリモリな装飾によって、情報の本質が見えづらい場合「SN比が低い・悪い」となり、ミニマルなデザインによって情報の本質が分かりやすくなっている状態は「SN比が高い・良い」と表現します。

昔の人は言いました。「シンプル イズ ベスト」

SN比を「高い・良い」状態にするには? 簡単です。無駄な装飾を極力排除すれば良いです。ただ、ここで重要なのは、「装飾」というものが、ビジュアルに関するものだけでないということです。

たとえば「ことば」の装飾も少ない方が好ましい。明日の天気を伝える際に「私が予想するに明日2016年6月1日の0時から24時までの降雨予想量は限りなく0%に近い」よりは、「明日は晴れ」の方がSN比が高く本質が伝わりやすいです。

機能設計」においても同じことが言えます。惰性やファッション感覚で無駄な機能を実装しようとしていませんか? そのパララクスやアニメーションは本当に必要ですか?

「ビジュアル」「ことば」「機能」の無駄な装飾を排除することは、制作コストの低減や、バグの抑制にも繋がります。いいこと尽くしですね!

一般的には、SN比は高い方が好ましいのだが

情報の伝達効率だけを考えると、極論を言えば、ノイズが全く存在しないことが理想的です。ただ、そのような純粋で無垢なデザインは、下手をすると拡張性や機能性に乏しく、アイデンティティが薄くなったり、面白みがなくなったりします。「○○クンてさ、まじめすぎてつまんないよねー」という状態にもなりかねない。

情報設計・デザインにおいて、魅力的であるかどうか、記憶に残るかどうか、という要素も重要なのです。設計要件において、どのぐらいのSN比が理想的であるかはケースバイケースでしょう。通信工学ではノイズは単なる邪魔な存在でしたが、情報設計においては、ノイズはバランスを形成するファクターという側面を持っていることも意識するべきでです。

下の例では、Yahoo!とGoogleのトップページを比較しています。Yahoo!が多機能設計だとすると、Googleはシンプル設計と言えます。

sample1
Yahoo!は罫線・枠線や塗りなど装飾要素が多いデザインと言える。Web検索に着目すると、検索機能自体を発見しづらいため使いやすいとは言えないが、Yahoo!トップを開けば大抵の欲求を満たすことが可能である。(Yahoo! JAPAN

sample2
Googleではミニマルデザインが採用されており、Web検索機能のみが強烈にフォーカスされているものの、他の機能は、ほとんど何もない。(Google

個人の好みは別として、それぞれ設計思想が異なるので、Yahoo!とGoogleの優劣を一概にのべることはできません。

シグナルとノイズをコントロールすることが、設計の本質

SN比の概念をアタマの片隅に置いておくと、設計対象の状況によってシグナルとノイズの量をコントロールできるようになります。ぜひ、みなさんも、かしこいSN比設計をやってみましょう。

カオスな明日にネコパンチ! キャットパッド藤井でした〜。

  • SHARE